当サイトはiPhoneに関する比較サイト【iphone修理屋ウェブ】です。

iphoneの修理方法、安いのはどれ?

iphoneの修理ってなんでこんなに高いの?とりあえず一番安い方法で修理したい!と思っている方向けの情報です。

iphone修理のための代金例

まず、正規にアップルストアに修理依頼をした場合の修理料金の一例を見てみましょう。例)iphone SE を修理した場合。本体交換修理: 31、800円。バッテリー交換修理: 9、400円。ディスプレイ修理: 14、800円。例)iphone 6S を修理した場合。本体交換修理: 34、800円。バッテリー交換修理: 9、400円。ディスプレイ修理: 14、800円。例)iphone 6PLUS を修理した場合。本体交換修理: 38、800円。バッテリー交換修理: 9、400円。ディスプレイ修理: 16、800円。上記のように、iphoneの型により、また修理の内容により値段は変わります。

保証サービスを利用する

上記の値段を見ると、やはり高額な印象を受けますね。ですが、上手に保証サービスを利用すれば安い値段で修理することも可能です。例えば「AppleCare+forⅰPhone」に加入していれば、紛失や事故による損傷の場合でも二年間で二回まで、ディスプレイの損傷ならば一回3、400円、その他の損傷ならば一回につき11、800円のサービス料で修理を受けることが可能です。

その他の保証サービスを利用する

ドコモでは、保証サービスのひとつに「ケータイ保証サービス for iphone&ipad」というサービスがあります。この保証サービスであれば、水濡れ・破損・紛失などのトラブルが保障されます。auでは、「iphone修理代金サポート」というサービスがあります。iphone購入したときからauスマートパス会員であり、なおかつ「AppleCare+forⅰPhone」に加入しているならばサービス対象です。二年回に二回まで、実質無料で修理が受けられます。iphone契約をしているキャリアショップならば代替機も無料で貸し出しされるようです。

まとめ

ソフトバンクでは、「あんしん保証パック(ⅰ)プラス」というサービスがあります。iphone修理の代金の80パーセント以上が月々の利用料金から割り引きされるというサービスです。このように、会社により保証か各種あるため、保証を賢く使えば安い値段で修理することが可能です。契約している会社、ご自身の契約内容などを再度確認し、一番お得な方法を探してみましょう。