当サイトはiPhone修理業者に関する口コミ比較サイト【iphone修理屋ウェブ】です。

iphoneが壊れた!修理するための方法とは?

iphoneが突然壊れた、画面が割れた!そんなときは正規店にいくべき?それとも電気店?iphoneを修理する際の方法についてまとめました。

突然やってくる、iphoneの故障!

iphoneを踏んで画面が割れてしまった!落としてヒビヒビになってしまった!そんな瞬間は想像もしていないときにやってきます。そしていまや毎日の生活になくてはならないものこそが、iphoneなのです。つまり、毎日一緒に生活しているゆえに故障の危険も高いのがiphone、そして修理に出してもすぐに帰ってきてくれなかえれば困るのがiphoneです。故障したからには一刻も早く修理したいですが、費用面・速さ・正確性など数々の面から見て最善の場所で修理をしたいものです。iphoneが壊れた場合、どこで修理するのが確実なのでしょうか。

Apple Store(アップルストア)に修理に出す

一番に考えられるのは、正規店であるアップルストアを探して修理に出すことでしょう。お住まいの地域の正規店をインターネットなどで探してみましょう。アップルストアで修理をお願いする際には、事前に予約しておくととてもスムーズです。事前の予約では「Genius Bar」の予約を行います。「Genius Bar」とは、アップルの専門のサポート体制です。アップル製品の修理のための特別な訓練をうけた専門家が技術サポートを行います。この「Genius Bar」を事前に予約しておくことで、長時間待つこともなく精度の高い修理を受けることができます。

「Genius Bar」の利用のしかた

「Genius Bar」を予約するためには、まずアップルのサイトを開き、「Appleサポートへ問い合わせ」のページを開きましょう。そのAppleサポートページから、「持ち込み修理」の申し込みを選びます。「持ち込み修理」を選んだあとには持ち込み店を選ぶページへと移動します。お近くのアップル正規店を選びましょう。そうすると、そのお近くの正規店にて修理をうけるための「Genius Bar」の予約可能時間が表記されます。その中から、自分が来店可能な時間を選びましょう。通常であれば午前、午後と3枠ずつぐらいの予約枠があるでしょう。一般的に、「Genius Bar」であればその日のうちに修理が完了しiphoneを持ち帰ることができます。

やっぱりおすすめは正規店

当日持って帰れる、という点と、何よりもアップル製品のすべてを知っているゆえに信頼でいるという点で、やはり正規店での修理がおすすめです。